Q&A

天然記念物柴犬保存会に関すること、柴犬に関すること、などにお答えしてゆこうと考えています。

項目は、逐次追加予定です。(文責・管理人)


「天然記念物柴犬保存会」について

 ・「天然記念物柴犬保存会」とは

 ・「柴保」とは?

 ・天然記念物柴犬保存会の犬の顔は、一般にいう「柴犬」と顔や体型が違うのはなぜか?

 ・柴保の柴犬だけが天然記念物なのか?

 ・柴保の犬は縄文時代から血統書があるというのは本当か?

 ・「金章犬」とは

 ・「金章犬」の“しょう”は、なぜ“賞”ではなく“章”なのか?

 

柴保展について

 ・「展覧会」「柴保展」とは何か?

 ・展覧会の審査について

 ・展覧会への申込みについて

 ・出陳申込書の記入について

 ・出陳料について

 「高齢犬の部」について

 ・展覧会はどのように進行するのか?

 

柴保の柴犬について

 ・柴保の犬は痩せすぎではないか?

 

〜〜以降、不定期に追加予定です〜〜  home


 「天然記念物柴犬保存会」について

「天然記念物柴犬保存会」とは

 天然記念物柴犬保存会(略称「柴保」)は、1959年8月9日(昭和34年)に、現在「柴犬」と呼ばれている太古の昔から日本の国土にいた犬を理想として純化し、保存する目的のもとに、中城龍雄(1904〜1993)により創設されました。

 柴保の理念に深い理解を持たれた、人類学者の故・長谷部言人博士に名誉会長の席について頂き、故・中城龍雄が理事長となり、理想の実現を目指すために日本古来の犬に近い資質を持った犬を選び出し、それをもとに、多くの協力者と共にたゆまぬ作出努力を数十年間 重ねてきました。

 その結果、現在は日本犬小型種(「柴犬」)の中でも柴保の犬たちの頭骨は、額段がないか、あってもごく浅く、かつ大きな歯を持つという、縄文時代の遺跡から見つかった当時の犬たちの頭骨とよく似た特徴を持つようになりました。

 毛質をはじめ、その感性、知能、運動性等の面でも、日本の自然界に適合した資質を持つこの犬たちについて、より多く、より深く知って頂くことは、この犬たちの貴重な存在を現代にひろめ、又、後の世代に伝えてゆくための大切な任務と考えています。 

 

「柴保」とは?

 当会の正式名称「天然記念物柴犬保存会」に対し、「柴保」は正式略称です。

 

天然記念物柴犬保存会の犬の顔は、一般にいう「柴犬」と顔や体型が違うのはなぜか?

 前述の「天然記念物柴犬保存会とは」でも記したように、当会では設立当初から「縄文時代の遺蹟から発掘された犬の骨格」を目標として作出を続けてきました。その結果、当時の犬の頭骨や、推測される体型に近付いてきているため、と考えます。

 

柴保の柴犬だけが天然記念物なのか?

 「柴犬(日本犬小型)」の血統書を持っている犬は、どちらの血統書発行団体の血統書を持っていても、国の天然記念物です。

 

柴保の犬は縄文時代から血統書があるというのは本当か?

 当会の柴犬は当時の骨格を目標にしていますが、縄文時代からの血統が分かっているわけではありません。血統がはっきりしているのは、約60年前の「中号」からです。しかし、柴犬のみならず、我々人間もそうですが、縄文時代からの血が今まで繋がってきている事は、確かですね。

 

「金章犬」とは

 “きんしょうけん”と読みます。初代会長・中城龍雄の著書『柴犬研究六十年』には下記の記述があります。

【金章犬は、当会の審査員が天然記念物最高柴犬章と認定した、本会の柴犬種の代表犬である(「章」は「しるし」を意味する)。】

よって、金章犬は、顔貌・体型・資質などに於いて、当会を代表する犬であります。

 

「金章犬」の“しょう”は、なぜ“賞”ではなく“章”なのか?

 “章”は“しるし”、“賞”は“ごほうび”を表します。

 柴保では、展覧会に出陳された各犬について、金章犬には金メダルを、銀章犬には銀メダルをお渡ししています。「ショウ」の字が“章”であって“賞”でないのは何故でしょう?これは故・中城龍雄初代会長の熟考に依るもので、勲章の“章”と同じ意味です。純度の極めて高いと認められた犬に対して賞金やごほうびではなく「勲章を授与する」という初代会長の切なる思いがこめられているのです。

パソコンやワープロで「きんしょう」や「ぎんしょう」と入力すると、「金賞」「銀賞」がすぐ表示されるので、つい、そのままそれで確定させてしまいがちですが、柴保の犬の場合は「金章」「準金章」「銀章」と、心して、間違いなく入力する事が肝要です。

 

柴保展について

 ・「展覧会」「柴保展」とは何か?

  天然記念物柴犬保存会籍の犬たちが一堂に会し、当会の審査員が「柴犬標準」をもとに出陳犬を審査します。

 「展覧会」としては審査が主ですが、それぞれの出陳犬(しゅっちんけん)の良さや改善すべき点をお互いに勉強しあう機会にもなりますし、他家で飼育されている犬たちやその御家族と交流したり、兄妹犬と会える機会にもなります。「品評会」ではなく「展覧会」としているのは、お互いの出陳犬を見学しあう事で、それぞれの向上を目指す、という意味もあります。

 

 ・展覧会の審査について

  柴保展に於ける審査の評価は

  ・特優級(金章)

  ・準特優級(準金章)

  ・優秀級(銀章)

  ・優級

  ・準優級

 のものを入賞犬とします。柴犬として疑義の多いものや、柴犬と認められないものは、不可または失格とします。

 また、生後6ヶ月以下の子犬は「幼犬の部」として審査され、出陳された幼犬の中で、質的に優秀なものには幼犬賞を、特に質的に高いと認められる場合、特別幼犬賞があたえられます。

 幼犬の場合は「章」ではなく「賞」、幼犬たちには、将来への期待を込めて、御褒美が出るのも楽しいですね。

 

 ・展覧会への申込みについて

  展覧会への出陳を希望される場合は、会報に同封の出陳申込書を、該当会場の申込先へお送りください。出陳出来るかどうか分からない場合も、申込みをしておいて頂く方が好都合です。出陳料は、当日会場にてお支払いください。申込をしたけれども御都合により出陳なさらなかった場合、出陳料は頂きません。

  締切日までに申込みが間に合わなかった場合、また、締切日以降に出陳が可能になった場合、当日申込みも可能ですが、なるべく前日までにお知らせください。メールまたは本部への電話連絡で結構です。間違い等を防ぐためにも、御協力をお願い致します。

 

 ・出陳申込書の記入について

  出陳申込書は、毎回展の前に発行される会報『柴犬研究』に同封されます。記入についてご質問を頂くことがございますので、ご説明致します。二頭以上を出陳される場合は、各犬それぞれ1枚ずつ、出陳申込書に準じて作成されたものをお送りください。

  1)出陳申込書は、御愛犬の血統書を参照のうえ、ご記入ください。

  2)出陳申込書の左上、「参考犬」「供覧犬」「審査犬」のいづれかを○で囲みます。

    通常は「審査犬」となります。審査を受ける御愛犬は、こちらに○をお願い致します。

   「参考犬」は、既に金章犬となった御愛犬を参考犬として出陳される際に○をお願い致します。

   「供覧犬」は、9歳以上のシニアの部に出陳の場合です。過去の賞歴には関係なく、健康で長寿の柴保の犬の姿を見せて頂きたいです。

    御愛犬に無理のない範囲でのご出陳をお待ちします。

  3)出陳者氏名・御住所は楷書でハッキリとご記入ください。不明な点がある場合にお尋ねできるよう、電話番号の記入もお願い致します。

  4)「出陳する会場」は、該当の会場を○で囲ってください。

  5)「出陳犬の組別」は、性別に○印のうえ、御愛犬の年齢により、該当組を○で囲みます。

  6)最下欄は、必ず血統書をご参照のうえ、ご記入ください。

   特に「犬名」「毛色」「生年月日」は誤って記入される事の多い項目です。今一度、血統書をご確認のうえ、記入をお願い致します。「出陳者氏名」は、御家族名ではなく、血統書の右下「所有者」欄の方のお名前でお願い致します。

  7)記入後は、出陳申込書送付先へ(弁当申込をされる場合は弁当申込書とともに)、お送りください。送付先住所は会報でご確認ください。

  8)お送り頂いた申込書をもとに出陳表・審査結果を作成致します。

 なお、御不明な点は、どうぞお問合せください。

 

 ・出陳料について

  出陳料は、当日会場受付にてお支払いください。

  出陳申込みをしたけれども当日都合が悪くなり出陳なさらなかった場合、出陳料は頂きません。

 

 ・高齢犬の部について

  第98回柴保展から、高齢犬の部を設けました。出陳犬の年齢は「9歳以上」です。

  犬の世界も長寿傾向にあります。年齢が加わると共に落ち着きを増し、精神面での発達が表現されて、風格が加わってきた姿に味わいがあります。

  若年時代に出陳された犬たちが、円熟期を経てどのように変わってゆくかを見ることも楽しみですので、体調に配慮の上、出陳をおすすめしています。

  出陳料はなし、高齢犬に相応しい賞状を用意しました。申込方法は通常の出陳犬と同様、会報に同封の出陳申込書をお送りください。

 

 ・展覧会はどのように進行するのか?

  少し長い文章になりますので、こちらをご覧ください。

 

柴保の柴犬について

 柴保の犬は痩せすぎではないか?

  最近、犬関係の本などに犬の体型についての絵が示してある事があります。犬を上から(背中から)見た絵で、太りすぎ、太り気味、ちょうどよい、痩せ気味、痩せすぎ、の5段階の事が多いようです。

それで見ると、柴保の犬はウエストが少しくびれた「痩せ気味」に該当しますので、一般的な見方からすると、柴保の犬は「痩せている」かもしれません。一般的な柴犬はもっとふくよかな事が多いですから、獣医さんから「もっと食べさせて太らせるように」と言われる事も多いようです。

しかし、元来、犬は「野生」ですし、柴犬は狩猟犬です。太り気味では、狩猟の時に山野をかけまわったり、持久力が必要な時に疲れやすくなるなど、不便が生じます。

そのような資質を持った柴犬ですから、一般に言う「痩せ気味」でいる事が、生来の「調子の良い体調」なのです。逆に、太り気味になってくると、病気が出たり、アレルギー気味になったりする事が多いように感じます。(良い体型でも病気やアレルギーが出る事はもちろんあります)。

ガリガリに痩せているのはよくありませんが、柴保の犬の場合は、「痩せ気味」でいる方が、体調もよく、体型も適正なのです。

 

 

天然記念物柴犬保存会とは ★金章犬について ★入会・子犬の入手 ★出版物 ★雑誌掲載等 ★会員の愛犬 ★今までの審査結果  home