リキが来てから今日まで 秋田県男鹿市 小学4年 吉田 林太郎   
・名  前:紅市の紅丸号(オス)紅市の紅丸号生後72日
・愛  称:リキ(ぼくが命名)
・生年月日:平成12年4月19日生まれ
・犬 舎 号:するが
・平成12年6月3日22時30分ころ(ぼくがねてからわが家に来る)
 
 平成12年6月4日、午前2時ごろ「クゥーン、クゥーン」。「なんだ、うるさいな。」と思い、
その鳴き声の元へそっと行ってみました。
そこには、リキが悲しい目をして、さみしそうな声で鳴いていました。
ぼくはそっと「おやすみ、リキ」、と声をかけて2階にもどりました.。その時ぼくは、「リキが来て
くれて、よかった。弟ができたみたいだ。」と思いました。
 
 次の日、「おはよう、リキ」と言いながら急いで下におりて行きました。リキは喜んで、さくを
飛びこえるくらいにジャンプをしました。
まるでぼくに、「おはよう、おはよう」と言っているみたいでした。
ぼくは、とてもうれしかったです。
でも、今はリキも大人になって、小さかったころのように飛びはねて喜んでくれないのがざんねんです。
 
 リキが来た初めての朝は、ぼくが散歩をしてあげました。
リキは小さいのにあんがい歩くのが速くて、帰って来たらぼくはへとへとでした。
さすがにリキもつかれたみたいで、息をハアハアさせていました。
お父さんが、リキに「気をつけて走ろよ。」と言って笑っていました。
リキは、何のことかわからず首をかしげていました。
リキが悪さをしても、かわいすぎてなかなかおこるこができなかったけど、がんばって注意してあげま
した。
 
 昨年の10月には、家を建てかえるため引っこしをしたりして、リキがおちつかない時もありました
が、引っこし先の近所には犬がたくさんいたので、友達がたくさんできてよかったと思います。
 
 12月29日に新しい家にもどって来たときは、冬だったのでお父さんの車を外に出してリキを車庫
の中に入れました。
だから、どんなに寒くても雪がいっぱいふっても、リキはカゼをひきませんでした。
リキは、冬の間も外で雪の中を元気に走り回っていました。
 
 となりの家の人も、「大きくなったな。」と言っていました。
となりの家の人も近所の人も、みんなリキを「かわいい」と言ってくれます。
 
 お母さんといっしょに散歩に行って、ぼくが転んでおそくなったとき、リキは立ち止まってぼくを
待っていてくれたことがありました。
リキは、ぼくのことが大好きだと思います。
 
 今年5月の田沢湖のてんらん会では、おしくも5席でした。
 ちょっと悪さをする時もあるけど、これからもいっぱいリキをかわいがっていきたいです。
 リキのおよめさんぼしゅう中、きれいな犬をしょうかいして下さい。
 
     湯沢市犬っ子祭         平成13年6月30日   林太郎君とリキ
(写真をクリックすると大きい画像にジャンプします)

 会員の愛犬たち 第2報 第3報 第4報 第5報 第6報 第7報 第8報 第9報

home